So-net無料ブログ作成

先日、36歳の主人の精子を不妊症専門のクリニックで検査した所、数的には...

今すぐチェック

↓ ↓ ↓

高額な不妊治療は不要です

- 質問 -
先日、36歳の主人の精子を不妊症専門のクリニックで検査した所、数的には問題無いが、殆ど精子自体が活動していないから、機能的には精子が生きていても殆ど眠っているのと同じだよね、体外受精は御主人の精子の運動率が正常に戻らない限り、無理だね、と先生に言われてしまいました。先月、実は、35歳の私の方も、両側の卵管が癒着・閉鎖していて、自然妊娠は有り得ない、それに体外受精を受けても、あなたが健康な子供を妊娠・出産出来る確率は10パーセントだから、今後の治療を継続するか、どうかは、自費治療にもなる事だし、御主人と二人で良く相談して、と先生に言われたばかりでした。来月、夫婦でカウンセリングに行きますが、先生には、あなたが、あと10年若かったらね、と良く言われます。そもそも30代後半で不妊治療を受けて妊娠すると言うのは、そんなに難しい事なんでしょうか?
違反報告


- 回答 -確かに今の状態では妊娠は難しいと思います。しかし、今の不妊治療は進んでいて、たとえ、精子の状態が悪くても睾丸から精子になる前の精母細胞というのを取り出し、培養して顕微授精をして妊娠するという方法もあります。
また、奥様の方は卵管がダメでも子宮はちゃんと機能しているのなら、妊娠出産は可能だと思います。
確かに、自費治療ですし精神的、金銭的、肉体的に大変ですが、ご夫婦で話し合われて可能性に賭けられてはどうでしょう?
ちなみに私は不妊治療に580万円かかり、夫41歳、私38歳で妊娠しました。大変だとは思いますが頑張って下さいね。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
↓ ↓ ↓

アキュモード式不妊症改善
セルフケアDVD









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。