So-net無料ブログ作成
検索選択

不妊症の原因を探る検査について 30代後半の女性です。先日体外受精で初めて...

今すぐチェック

↓ ↓ ↓

高額な不妊治療は不要です

- 質問 -
不妊症の原因を探る検査について

30代後半の女性です。先日体外受精で初めての胚移植を受けましたが、事前検査してみたところ陰性の結果に終わりそうです。
初回ではあるものの二段階移植という比較的確率が高い方法だったため、再チャレンジの前、もしくは再チャレンジしてまた陰性だった場合に、妊娠できない原因を調べるための検査を出来るだけ多く受けたいと思っています。

そこで不妊検査について質問ですが、例えば腹腔鏡や開腹手術など、お腹の中を直接見る方法を取らないと(体外受精でも)解決できない不妊原因もあるのでしょうか?
別の内臓疾患を持っているため、それらの検査や治療はNGと内科の主治医に言われています。

妊娠そのものを諦めなければならない可能性があるかどうかについて知りたいと思っています。
婦人科の主治医に対して現時点でそんなに先の話を相談したら、気を悪くされるのではと躊躇しています…。
もし詳しい方がいらっしゃれば、ご教授いただけますでしょうか。よろしくお願いします。


- 回答 ->そこで不妊検査について質問ですが、例えば腹腔鏡や開腹手術など、お腹の中を直接見る方法を取らないと(体外受精でも)解決できない不妊原因もあるのでしょうか?

腹腔鏡や開腹手術しても無意味ですね。
腹腔鏡や開腹手術で、つまりお腹の中を直接見ることで、下の方の回答にもあるように「体外受精でしか妊娠できない原因」が発覚することはあるのです。
それが、子宮卵管造影検査で発見できないレベルの癒着であったり内膜症であったりです(それにしても開腹手術はしません。術後の癒着等で余計な不妊原因を作るだけですから)。
なので、体外受精にステップアップする前の段階として腹腔鏡検査することはありますが、体外受精でしか妊娠できない原因が判るにせよ、結局は体外受精すれば解決するわけなので、あまり必要性はないかもしれません(私はしましたが...^^;)。

たとえば、妊娠できそうな良質胚を何度か移植しても一向に妊娠しない時、「着床障害」を疑います。
原因としては、感染症であったり自己免疫異常や血液凝固系の異常であったりします。夫婦染色体検査が必要なこともあり、「不育症・習慣性流産」の原因と重なるものが多くあります。さまざま検査してみてもやはり原因らしきものは見つからないことだってあります。
また、「着床障害」について詳しく検査し対策ができる施設は多くありませんので、質問者さんが行ってみることができるかどうか判りません。
http://matome.naver.jp/odai/2137498685669959901

でもね。初回の移植で結果が出なかったことはもちろん残念ですけど、そんなに珍しいことではないですから、着床障害を考えるにはまだ早いと私は思いますよ。

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)
↓ ↓ ↓

アキュモード式不妊症改善
セルフケアDVD









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。